Concepts

コミュニティファーストとは​

 

コミュニティファーストとは、

一人がコミュニティの

みんなのことを考え、

またコミュニティは、一人の思いを

おもんばかることから始まる

個人・コミュニティと企業の調和を
図る最適化社会・クラブを創出します

少子高齢化、限界集落、無縁社会、介護問題など、日本が直面する多くの課題に対して、志ある企業ができることは何なのでしょうか。

今までの企業と個人、コミュニティの在り方のままでは、地域が抱える多くの課題に本当に立ち向かうことができません。

個人、コミュニティ、企業の三者が同じ理念を共有し、社会課題を自立的に解決していく仕組み作りが必要とされています。そのためには、企業様にもコミュニティファーストの視点をもつことが不可欠です。

AIやIoT、ロボットなど、近年のテクノロジーの進歩をフル活用し、積極的に社会課題に取り組むことも重要です。そこには地域社会だけではなく、志向を共有するクラブが必要となります。

Healthy Community
~最適化社会・クラブの実現化へ~

ヘルシーコミュニティとは、課題を自ら解決する能力があるコミュニティのことで、今後ヘルシーコミュニティが重要となり、そこでは経済力の向上よりも、みんなの健康寿命を伸ばすような”まちづくり的視点”が求められる。超少子高齢化社会とは、そうした価値観の大転換が求められる社会だ。

 

コミュニティや個人も、時代に流されることなく、それぞれの自己決定権を守り、それを保持、発展させる最適化社会・クラブの時代がまもなくやってくる。